小野啓写真集 暗闇から手をのばせ

新刊情報小野啓写真集
暗闇から手をのばせKei Ono Works_Reach out and Touch Faith

カメラを持ち、ともに命を削るように。
終焉へと向かうエネルギーの渦に飲み込まれていく…

10年間日本全国の高校生を撮り続けてきた写真家・小野啓が新作のテーマとして選んだのは、ライヴアイドル「BELLRING少女ハート」。そこにはライヴハウスの暗闇で躍動するメンバーと彼女たちを熱狂的に支持するファンの姿があった。闇の中にある光を求めて、写真家はフィルムカメラを片手にライヴに通いつめ2年半の歳月をかけ、ステージの情景だけでなく狂乱するファンの姿、バックヤードにおけるライヴ前のメンバーの緊張感と持てる力を燃やし尽くしたライヴ後の彼女たちの切実な姿にもためらわずにカメラを向けた。そして、写真集は厳選したカットを集約し、500頁を超えるまさに渾身の一冊に。同書はライヴアイドルの世界に写真で肉迫した唯一無二のドキュメンタリーである。

「今、何かとても重要な場面に出くわしている。
ただこの現象を目撃し、この現場に居合わせる。僕はカメラを持って、ともに命を削るように。
そして、その終焉へと向かうエネルギーの渦に飲み込まれていく。」
小野啓

小野啓写真集 暗闇から手をのばせ/著者:小野啓/装幀:森大志郎/解説:沖本尚志(編集者)/判型:A5変形/総頁数:512頁/製本:並製/発行・発売:silverbooks/発売予定日:2017年11月19日/予定価格:4,500円+税/ISBN:978-4-909435-01-9

※お詫びと訂正
写真集『暗闇から手をのばせ』の解説寄稿者として評論家の宇野常寛氏を予定しておりましたが、都合により原稿の掲載を見送りさせていただきました。宇野氏の解説を楽しみにしていた方々には心よりお詫び申し上げるとともに、上記商品情報の一部を訂正させていただきます。申し訳ございません。

解説寄稿:宇野常寛(評論家)

解説:沖本尚志(編集者)
受付は終了しました

小野啓写真集
暗闇から手をのばせ
先行予約受付中

予約特典
予約締め切り:
2017年11月3日(金)正午まで

予約限定オリジナルTシャツ付き:

先行予約特別価格5,000円+税
(限定オリジナルTシャツが付属します)

購入する

割引購入特典:

先行予約特別価格4,000円+税
(通常販売価格:4,500円+税のところ)

購入する
限定オリジナルデザインTシャツ

限定オリジナルデザインTシャツ/色:Black/サイズ: S・M・L・ XL・XXL・XXXL/Tシャツデザイン:森大志郎(本書アートディレクター)詳しい仕様・サイズは販売ページをご参照ください。

  • S着丈65mm/身幅49mm/肩幅/42mm/袖丈/19mm
  • M着丈69mm/身幅52mm/肩幅/46mm/袖丈/20mm
  • L着丈73mm/身幅55mm/肩幅/50mm/袖丈/22mm
  • XL着丈77mm/身幅58mm/肩幅/54mm/袖丈/24mm
  • XXL着丈81mm/身幅63mm/肩幅/57mm/袖丈/25mm
  • XXXL着丈84mm/身幅68mm/肩幅/60mm/袖丈/26mm

PROFILE

小野啓
1977年京都生まれ。2001年、立命館大学経済学部卒業。2003年、ビジュアルアーツ専門学校・大阪写真学科卒業。2002年より日本全国の高校生のポートレートを撮り続けている。2006年、写真集『青い光』(青幻舎)で注目され、2013年に10年間の集大成となる『NEW TEXT』(赤々舎)を刊行。第26回「写真の会」賞を受賞。乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」のCDジャケットを手がけたほか、『桐島、部活やめるってよ』(朝井リョウ)、『アンダスタンド・メイビー』(島本理生)など文芸書の装丁写真も数多く手がけている。
http://www.onokei.jp

BELLRING少女ハート(べるりん・しょうじょ・はーと)
2012年4月に、映像ディレクターだった田中紘治氏のプロデュースで誕生、活動をスタート。通称“ベルハー”。黒いセーラー服に黒い羽根をまとい、60年代サイケデリック・ロックからグランジ・ロック、エレクトロニカなど幅広い音楽性を誇るライヴアイドル・ユニット。結成当初は未完成なパフォーマンスから「学芸会以下」などと揶揄されたが、のちに独特の楽曲と激しく切れ味の鋭いステージパフォーマンスで唯一無二の世界観を作り、音楽ファンやアイドルファンから熱狂的な支持を得る。2016年10月時点でのメンバーは朝倉みずほ、柳沢あやの、カイ、甘楽、仮眠玲菜。2016年末をもって活動を休止。朝倉が卒業、柳沢がソロ活動へ移行、甘楽(ヨネコ)は新ユニット「MIGMA SHELTER」のメンバーに。2017年2月より「There There Theres」(ゼアゼアゼアーズ)が後継ユニットとして活動中。
http://aqbirec.com/ttts/